本文へジャンプ 背景黒色 通常色

本文開始

部活動紹介

協会会員の部活動案内と平成29年度の内容です。

平成29年度の予定は、  部活動実施計画をご覧ください。

各部に入部をご希望の方は協会までご連絡ください。


高年部

年間の活動は、総会・講習会、研修会、役員会です。

30年度は、すでに総会・講習会を6月15日(金)に終え、次は11月2日(金)の研修会です。行き先は洲本市で、淡路文化史料館見学と寺町巡りをする予定です。その後、今年度の決算と来年度に向けての役員会を開く予定です。部活動についてのご意見ご要望等は県視協事務局(高年部担当)までお願いいたします。

総会・講習会報告

今年度の総会・講習会を6月15日(金)に県福祉センター2階203会議室にて開催しました。センターの都合で、いつもとは違う狭い部屋での開催になりましたが、あふれんばかりの130名を超す方々の参加となりました。皆さんのお目当ては、午後からの藤野高明氏の講演です。今までの体験や活動、これからの夢などを話され、参加された皆さんも熱心に聴き入り、後の質問コーナーでも次々と対話されるなど、皆さんにも、また、藤野氏にも、とても心に残るひとときになったことと思います。

講演会の会場(会議室)全体を後ろから全体を写した写真。 座って講演されている講師の藤野氏が写っている写真。 参加者が話に聞き入っている様子が写っている写真。

女性部

視覚障害女性の文化・生活・地位の向上を図ることを目的として、全国大会・近畿大会や各種研修会への参加、隔年で友情を深める会及び1泊研修会の開催などを行っています。

平成30年度 女性部行事予定

昨年の研修会の様子

女性部研修会(若狭方面日帰りの旅)ご案内

平成29年度女性部研修会を、晴天の11月10日(金)に、尼崎駅発・宝塚駅経由と西明石駅発・加古川駅・姫路駅経由の2台のバスで部員41名・付添等37名の合計78名が参加して開催し、若狭フィッシャーマンズワーンズ・ワーフ見学と蘇洞門めぐりを体験しました。

晴れていましたが、風が強く、船上の甲板で潮風を楽しむ人、船内からゆったりと自然の素晴らしさを見学する人、それぞれの方法で蘇洞門めぐりを満喫しました。

蘇洞門めぐり図
蘇洞門の地図
第二わかさ丸 船室
船内の客席の様子
第二わかさ丸 甲板
甲板で部員が並んで島の景色を眺めているとこと

青年部

総会・役員会のほか、8月に全国盲青年研修大会に参加し、神戸市視力障害者福祉協会と合同開催の友情交歓会・県視協青年部研修会を男女の区別なく開催。

みなさま、こんにちは青年部部長の内海です。

平成29年度は次の事業を開催予定です。

定期総会 5月12日に県の福祉センター2階201会議室

役員会 9月、3月中に県の福祉センター内

第32回研修会及び友情交換会 日程、場所、内容は未定

視覚障害者青年社会生活訓練事業としては、川柳創作体験講習会、スポーツ体験講習会、音楽鑑賞会、体験講習会など。

近畿ブロック協議会青年部事業としては、

第1回青年部委員会 6月11日(日)兵庫県福祉センター2階202会議室

第34回青年交流研修会並びに第2回青年部委員会 平成30年2月、3月中、 京都にて。

日盲連関連事業としては、第63回全国盲青年研修大会(鹿児島大会)

8月26日(土)27日(日)、鹿児島市にて。

平成29年度もさまざまな事業を展開しながら、みなさまのご協力のもと、活動してまいります。青年部らしい活動をしていきますのでよろしくお願いいたします。

音楽部 更新

県下の視覚障害者音楽愛好家が集い、社会人としての幅広い教養や、実用的な音楽知識・技能などを高めあうことを目的として、邦楽部と洋楽部が活動しています。
・邦楽部:日盲連全国音楽家大会への参加、定期演奏会の開催
・洋楽部:研修会(年2回)

洋楽部

洋楽部では毎月第二土曜日に練習を行っています。

見学等も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

また、今年度も1月に研修会を予定しています。昨年同様、音楽を介した交流の集いになればと思っております。

詳細が決まり次第、お知らせいたします。

昨年度研修会の様子



邦楽部

邦楽部では11月4日(日)に垂水レバンテホールにおいて、第44回筝曲定期演奏会を開催いたします。11時半開場・12時開演です。入場無料となっておりますので、ぜひご来場ください。

昨年度の邦楽定期演奏会の様子

スポーツ部

視覚障害者スポーツの普及と相互の親睦を目的に、サウンドテーブルテニス・グランドソフトボール・フロアバレーボールの3つの部で活動しています。

各部は大会に向けて練習会や練習試合を開催し、県大会や近畿大会などに参加しています。

平成29年度は、第1回 STT交流会・審判講習会を4月14日(金)に、第56回 兵庫県視覚障害者サウンドテーブルテニス大会を6月2日(金)に、第6回 のじぎく杯サウンドテーブルテニス大会を8月25日(金)に、第2回 STT交流会・審判講習会を10月20日(金)に、それぞれ県立障害者スポーツ交流館で行います。

また、11月3日(金・祝)に兵庫県グランドソフトボール選手権大会を、11月12日(日)に近畿視覚障害者卓球大会を行う予定です。

1.STT交流会・審判講習会

4月14日に、STT交流会・審判講習会を県立障害者スポーツ交流館にて行いました。

交流会への参加は、競技者が赤穂・上郡・小野・三田・西宮・尼崎・伊丹・宝塚の8地区から22名、そして審判講習への参加が、赤穂・上郡・小野・高砂・加東・神戸・西宮・伊丹の8地区から11名でした。

今回の交流会は、一部二部のクラスを混合し、他地区との交流を重視したグルーピングをしたこともあり、地区練習会や大会では顔を合わせない競技者との練習もでき、さらには待ち時間に他地区の方々との話も盛り上がり、交流会らしいイベントとなりました。

またSTTを始めたばかりの初心者の方も参加されており、これらの方々にはスポーツ指導員の方から丁寧な指導を受けることができ、とても有意義だったのではないかと思われた光景もありました。

2.第56回 兵庫県視覚障害者サウンドテーブルテニス大会

(第11回 兵庫県障害者のじぎくスポーツ大会)

6月2日に、県立障害者スポーツ交流館にて、第56回 兵庫県視覚障害者サウンドテーブルテニス大会(第11回 兵庫県障害者のじぎくスポーツ大会)が開催されました。

この大会には、一部男子に33名、一部女子に13名、二部男子に7名、二部女子に10名の総勢63名の競技者が参加されました。

また、17名の審判と7名のスコアラー、そして多くのボランティアとスタッフの方々がサポートしてくださり、今大会を支えてくださいました。朝早くから参加してくださいました選手、審判、スタッフ、付き添いのみなさまお疲れ様でした。

選手宣誓の写真:右手を挙げた選手代表が宣誓を行っているところ。  試合中の写真:アイマスクをつけた選手が卓球台でボールを打ち合っている。

閉会式の講評によりますと、今大会に初参加された方々が大いに活躍されていたようですし、4月の交流会にも多くの初心者の方が来てくださっていましたので、確実に兵庫県内のサウンドテーブルテニス競技のすそ野は広がっていると考えられます。

8月25日には、第6回 のじぎく杯 サウンドテーブルテニス大会を、県立障害者スポーツ交流館にて開催します。お一人でも多くの方に参加していただきまして、大会を盛り上げていただきますよう、よろしくお願い致します。

【大会結果】
一部男子(全盲)
一部女子(全盲)
二部男子(弱視)
二部女子(弱視)

3.第6回のじぎく杯サウンドテーブルテニス大会報告

8月25日に、県立障害者スポーツ交流館にて、第6回のじぎく杯 サウンドテーブルテニス大会が開催されました。

この大会には、一部男子に22名、一部女子に8名、二部男子に3名、二部女子に7名の総勢40名の競技者が参加されました。

また、審判、ボールパーソンなど多くのボランティアさんとスタッフの方々がサポートしてくださり、今大会を支えてくださいました。

朝早くから参加してくださいました選手、審判、スタッフ、付き添いのみなさまお疲れ様でした。

【大会結果】
Ⅰ部男子
Ⅰ部女子
Ⅱ部男子
Ⅱ部女子

サウンドテーブルテニスは取り組み方次第で、軽い運動になったり、残存能力を高めたりと、我々視覚障害者に非常に向いているスポーツだと思います。

気候も良い時期ですし興味が起きましたら、ぜひともお近くでやられている練習会に参加してみてください。

4.第55回近畿視覚障害者卓球大会報告

11月12日に、神戸市西区の兵庫県立障害者スポーツ交流館にて、第55回近畿視覚障害者卓球大会が開催されました。

2府4県と政令指定都市の持ちまわりで開催される近畿大会ですが、今年は兵庫県の担当でしたので、いつも県大会で利用しているスポーツ交流館で開催したということです。

兵庫県・神戸市・大阪府・大阪市・堺市・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県の9地区から代表として選抜された選手団が集われました。

集われた選手たちは、サウンドテーブルテニスでは、全盲一部男子に17名、女子が10名、弱視二部男子に12名、女子が6名の45名、そして一般卓球に5名の総勢50名でした。

8地区からなる選手団で行なわれたサウンドテーブルテニス団体戦の結果ですが、見事兵庫県が優勝、そして、二位に和歌山県、三位に大阪府が入賞されました。

そして午後から個人戦が行われたのですが、兵庫県勢は弱視二部男子の部門で福嶋孝二(ふくしま こうじ)さんが優勝、全盲一部女子の部門で赤松千鶴(あかまつ ちづる)さんが3位に入賞されました。

個人戦の優勝者ですが、一部男子 米沢浩一(よねざわ こういち)さん(京都府)、女子 亀山直美(かめやま なおみ)さん(和歌山県)、二部男子 福嶋孝二さん(兵庫県)、女子 足立カヲル(あだち かおる)さん(堺市)、卓球の部男子 會俊隆(つん ちんろん)さん(奈良県)、女子 宮本妙子(みやもと たえこ)さん(兵庫県)となりました。

5.STT交流会・審判講習会(10月)

10月20日に、兵庫県立障害者スポーツ交流館にて、今年度二回目のSTT交流会・審判講習会が開催されました。

各地区から一部に21名・二部に10名の競技者が参加され、総勢31名のSTTプレーヤーがスポーツ交流館に集われました。また審判講習会には10名の講習希望者がきてくださりました。

競技者は4つのグループに分かれ、審判員講習と交流練習会が並行して開始されました。午前中はラリー練習を中心に、出番を待ちながらグループ内で他地区の方々とたくさん話が出来ている様子でした。午後からは講習を終えた審判の方々と合流し、試合形式で審判の方々には実技経験を積んでもらいました。

大会とは違い、勝敗にこだわらず楽しい交流練習会が行なわれたように感じられました。私としては回数を増やすたびに知人が増えていく、この交流会が大好きになってきています。会員のみなさま方も、大会だけでなく交流会にも参加されて、同じ趣味を持つ仲間作りに役立てられてみてはいかがでしょうか?

6.第39回近畿視覚障害者フロアバレーボール大会報告

フロアーバレーの横田です。

2018年1月14日(日)、京都市障害者スポーツセンターで、第39回近畿視覚障害者フロアバレーボール大会が行われました。

近畿大会の結果、UNITED兵庫は、
第1試合
兵庫vs.京都
11対15
6対15
セット0対2
負けました。

第2試合
兵庫vs.大阪市
15対12
15対7
セット2対0
勝ちました。

結果は優勝京都府チーム、準優勝兵庫県チーム、第3位大阪市チームとなりました。

振り返ってみると負けた京都戦はバタバタしてしまい、ミスを重ね、自分たちのバレーができてなかったかなと思います。

大阪戦では、自分たちのバレーができており、勝てたのだと思います。

全体を通して、今までの課題であったサーブミスが少なかったのはよかった点です。

次の課題はレシーブ力を高めていきたいと思います。

人数が少ないチームなので、気軽に見学からでもきてください。

よろしくお願いします。