本文へジャンプ 背景黒色 通常色

本文開始

当協会は兵庫県に居住する視覚障害者の福祉の増進及び文化の向上を図り、社会福祉を増進することを目的として活動しています。

来館を伴うサービスについて (6月2日 更新)

緊急事態宣言発令にともない、兵庫県点字図書館は4月26日から兵庫県に発令された緊急事態宣言が解除されるまでの当面の間、ご来館でのサービス提供を休止させていただきます。

ただし、状況に応じて、休止期間を延長する場合がございます。

なお、図書館は開館しています。電話受付時間も変更ありません。

休止となるサービスは以下のとおりです。

なお、水曜日の午後に開設していましたIT機器(パソコン・スマホ)の来所相談については、引き続き電話等での対応とさせていただきます。予約方法や受付時間等の詳細は、IT相談のページをご確認ください。ご不便をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

※同行援護支援サービスにつきましては、同行援護支援センターの案内ページをご覧ください。

しばらくご不便をおかけしますが、何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

新型コロナウイルス対策に関する情報

通常のお知らせにスキップする場合はこのリンクを選択

新型コロナウイルス感染症が疑われる場合の対応についての情報

発熱や体調不良が続くなど、新型コロナウイルス感染症への感染が疑われる場合は、まずは地域の医療機関(かかりつけ医等)に電話でご相談ください。

かかりつけ医がいない場合など相談先にお困りの方は、地域の『発熱等受診・相談センター』にご相談ください。このセンターはお住まいの地域ごとに連絡先が分かれています。最寄りのセンターの連絡先は、下記のリンクよりご確認ください。

兵庫県庁のホームページ 発熱等受診・相談センターの一覧へのリンク

視覚障害者が医療機関・宿泊施設を利用する際の支援の方法について

視覚障害者が新型コロナウイルス感染症により入院することになったり、継承者・無症状者の宿泊施設に入所することになったりした際、周囲のスタッフの方のサポートが必要となります。

医療機関や宿泊施設で必要なサポートについてまとめられたリーフレット(チラシ)が公開されていますので、必要とされる方はご確認ください。

このリーフレットの活用例

以下のような活用例が考えられます。

新型コロナウイルス感染予防における同行援護ガイドライン

全国の視覚障害者団体が加盟する日本視覚障害者団体連合において、新型コロナウイルス感染拡大を予防しつつ同行援護(ガイドヘルパー)を提供・利用するガイドラインが作成されました。

日本視覚障害者団体連合のホームページにてお読みいただけます。同行援護サービスを利用する方、提供する事業者の方はぜひご一読ください。

上記リンクからガイドライン・Q&Aのページに移動できます。

感染防止における視覚障害者の手引き介助のガイドライン

日本歩行訓練士会より、新型コロナウイルスへの感染予防をしつつ視覚障害者を安全に手引き介助する手法をまとめたガイドラインが発表されました。

ガイドヘルパー、ホームヘルパーや医療従事者の方だけでなく、ご家族や学校・職場で関わる方、窓口で視覚障害のある方を介助する機会のある方にとっても有益な情報ですので、ぜひご一読ください。

県福祉センター
ガイドヘルパー
(同行援護従事者) 随時募集中!

お知らせ 令和3年4月27日 更新

  1. 第68回兵庫県点字競技会・交流会 参加者募集中
  2. 今年度の芸能大会実施報告を掲載しました


その他の行事予定はこちらをご覧ください
部活動の行事予定はこちらをご覧ください

6月予定

16(水)
点字図書館 書庫整理日

パソコン・ICT相談は、
毎週火曜日(電話相談)・水曜日(当面の間、電話相談)です。

今年度の行事予定はこちら

部活動の行事予定はこちら



メール 協会窓口へ / 同行援護支援センターへ / 兵庫県点字図書館へ / 点字出版へ / 図書貸出申込 (別画面)

当協会の福祉サービス苦情解決窓口についてはこちらをご覧ください。